最近テレビコマーシャルでよく見かけるネット印刷。
チラシ・ポスター・DM・年賀状などなどビジネスでも欠かせない印刷。
キンコーズやプリントパックやラクスルなど印刷通販会社がありますがどこが一番良いのでしょうか。
業界人の私が比較と感想をまとめてみました。
これからネットで印刷を頼もうと思う方や単に興味がある方も読んでいただけたら幸いです。




印刷通販・ネット印刷とは?

そもそも印刷通販・ネット印刷とは何なのでしょうか?
言い方は違えど、同じ意味です。

しかし、そのサービス内容は多種多様となっております。
通販とは通信販売の略称で、インターネットなどを利用して自分の欲しい商品やサービスを購入または利用することです。印刷とはいうのは、発注元(クライアント)がデザイン会社・広告代理店に依頼、その担当営業が印刷会社に注文・発注して、印刷工場、用紙会社・加工会社(断裁・製本など)を手配して始めて印刷が行われます。
雑に記述してみましたが、結構面倒臭いですよね(笑)行程が多ければ多い程、費用と時間はかかってしまいます。発注元(クライアント)としては、すぐ欲しいし、費用もかけたくない。でもいいものが欲しい。お金を払うのですから当然のことですよね。
オペレーターと私としては「どこか妥協して!」とお願いしたくなる所でもあります(笑)

印刷通販・ネット印刷のニーズ

発注元(クライアント)の種類は様々で、上記のような至上主義の会社もあれば、
そうでない発注元(クライアント)もいらっしゃいます。

・品質はそこそこでいいから、納期を優先したい。
・費用はあまりかけたくないから、安くすませたい。
・印刷のことが全くわからないから、任せてしまいたい。
・データは作れないけど、イメージはあるので作成から印刷まで任せたい。
・分野特化した印刷(名刺・チラシ・DM・年賀状・宛名印刷など)を発注したい。
・特殊印刷(ラベル・圧着・ニス・エンボス・バーコなど)を発注したい。
・エンドユーザーの仕事を丸投げしたい

上記のようにアバウトな要望から特殊な印刷を利用したい要望を顧客が選択できる事が、印刷通販・ネット印刷のサービスの利点だと思います。
余談ですが、私の聞いた話によると、印刷通販・ネット印刷の利用者多い会社は印刷会社だそうです(笑)
印刷会社が印刷会社に注文するという不思議な現象ですが、値段・手間をとっても大手に適わないなら外注として使うのも頷けます。

印刷通販・ネット印刷のメリット・デメリット

印刷通販・ネット印刷を利用する上で、メリットは何なのでしょうか。
しっかりした印刷物を作りたいのであれば、広告代理店や印刷会社に発注するのがいいように感じます。
しかし、広告代理店や印刷会社は、個人の顧客や予算のない顧客は注文自体を受付ていないことが多いです。
今まで取引の無い新規の顧客なら尚更です。じゃあどこでに注文したらよいのか?
…そこで印刷通販・ネット印刷が登場するわけです。

メリット

・敷居が低く、初心者でも発注しやすい。
・自動見積り等があり、予算が分かりやすい。
・現場に行かなくても入稿できる。データ入稿が可能。
・利用する会社によってはデータ不備も対応してくれる。
 ※修正内容・校正回数によって追加料金が発生する会社もあります
・特殊印刷が顧客の希望によって選ぶことができる。
・キャンペーンやパック割引などの利用で割安で利用できる。

デメリット

・実店舗がない会社の実態が分かりにくい。
・印刷品質が不安、お試し印刷・サンプル印刷がない。
・色校正ができない。
・イメージと違った仕上がりになる可能性がある。
・用紙のイメージがつきづらい。
・営業担当がつかないので、提案や補助のサービスが受けられない。
・値引きはパック利用やキャンペーン以外では不可能。

私たち印刷関係者やデザイナーにとっては不安要素は結構あります。
クライアントが印刷に対して、関心が有るかどうかによって0になるし、100にもなります。
正直、印刷の素人であればデメリットはほぼ気にならないと思います。

ぶっちゃけ、どこの印刷通販・ネット印刷が良いのか

能書きなんかより、一番良い印刷通販・ネット印刷が教えて!

という人が多いと思います(笑)
私がオススメする印刷通販・ネット印刷を上げてみました。

kincos(キンコーズ)

知る人ぞ知る印刷通販・大手ネット印刷会社。実店舗も都内に多数あり、営業時間も長く、クリエイターの利用者も多いkincos(キンコーズ)。
実店舗ではWindowsだけではなく、Macも使用可能*です。
他の印刷通販会社ではなかなかない3Dプリントもできちゃうすごい所です(笑)
店舗での出力・加工も可能なので、印刷コンビニなんて言葉がぴったり。
スマホアプリとの連動でサービス利用のしやすいのがポイント。
ただし、他の印刷通販会社よりお値段はお高め。
※パソコン仕様は有料。パソコンの使用環境は店舗によりことなります。

・Vanfu(バンフー)

佐々木希さんの夫、わっくんことアンジャッシュの渡部さんがCM出演していることでも有名なVanfu。印刷業界では結構有名な会社なんですが、世間一般の方はCMをみて始め知った方も多いのではないでしょうか。実店舗あり、24時間体制という印刷発注するクライアントにはありがたい限り。
電話サポートもあり、初心者でも安心して注文ができるのが良いですね!

グラフィック

印刷通販を検索していると上位にくる会社。CM等は行っていませんがwebマーケティングに力を入れていることが窺えます。web上でのかんたん見積りやテンプレートも豊富に用意されている事もあり、初心者でも発注しやすいです。
他の印刷通販会社とは、違い掲示板を設置しており、評判の高さと顧客に対する誠実さが窺えます。深夜作業の多いクリエイターには嬉しい24時間サポートは大変助かります。

プリントパック



CMを大々的に打ち出した事により、世間一般の認知度も高い大手印刷通販会社。
印刷に興味が無い人でもそのCMの印象は強く残っているのではないでしょうか。
業界最安値を掲げており、業界人の私からみても安すぎでしょ!と言いたくなる値段設定。

余談ですが、プリントパックの工場は24時間稼働しており、そこに現在の売上が工場内に表示されているそうです。

東京カラー印刷

東京カラー印刷

下町にある印刷会社。プリントパックに負けない激安印刷が魅力です。
さらに、持ち込みであれば最短120分という作業者殺しのような最速納品には驚かされます。
ポイント制度もあり、利用すれば利用するほどお得になる印刷通販会社です。

ラクスル



プリントパックに続けとばかりにこちらもCMを打ち出していったラクスル。
私もCMでこの会社を知った一人です。チラシやDMなど広告宣伝ツールの印刷を主力においています。
個人的に注目したいのは、designラクスルオンライン

チラシやDM以外の制作には専用ソフトが不可欠です。しかし、デザインラクスルがあればネット環境とパソコンさえあれば、直感的なデザイン作成ができるだけでなく、豊富な素材+フォント(モリサワ)が使用できるので、自分のイメージに近い制作物をつくることが可能です。

まとめ

家電などを買う時もそうですが、調べてもよく分からないから「一番安くて良い物が欲しい」と店員さんにお願いする事があります(笑)

「一番安くて良い物」
それは一概に言えない…というのが答えです。
名刺屋さんに頼めば、名刺が安いし、封筒屋さんに頼んだ方が安いです。
つまり…専門的に特価した印刷通販会社を選ぶ事が発注者の「一番安くて良い会社」になりえるのです。

しかし、印刷業界は早く・安くを求めすぎて、どこも同じような印象を受けますね(笑)
どこの印刷通販も高品質低価格・短納期・24時間営業をうたい、クロネコヤマ○にまけないくらいブラック体質を感じます(笑)

料金表やサイトの推しているコンテンツなどを見比べて、その印刷通販会社の一推しを見つけましょう!